SDGs goals

SDGsとは

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略です。

持続可能な開発目標(SDGs)とは、すべての人々にとってよりよい、より持続可能な未来を築くための青写真です。貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。

引用:国際連合

SDGsは、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択され、すべての国連加盟国が2030年までに達成するためにまとめられた「世界を変えるための17の目標」です。

貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発など、17個の国際目標が掲げられています。(169のターゲットと232の指標があります)

簡単にいうと、「誰一人取り残さない」社会の実現のために、先進国だけではなくすべての国が、これら17個の目標を達成しよう!というものです。

 

弊社が取り組むSDGsのアクションプラン

弊社ではSDGsの目標に貢献するために、SDGsのうち1・4・5・8・13・15番の達成するための活動に力を入れます。

 

1.あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

4.すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

5.ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

8.すべての人々のための包摂的かつ持続可能な経済成長、雇用およびディーセ ント・ワークを推進する

13.気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

15.森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、なら びに生物多様性損失の阻止を図る

 

SDGs.1 あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

弊社の事務所では、「ハチドリ電力」様から電力を供給いただいております。

ハチドリ電力様は、電気代の1%が自分たちで選択した支援団体へ寄付される仕組みとなっております。

弊社は、「公平で質の高い教育をすべての人に」ということで、以下の団体に寄付させていただいております。

  1. NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
  2. 認定NPO法人ロシナンテス
  3. NPO法人love.fútbol Japan

 

SDGs.4 公平で質の高い教育をみんなに

弊社が運営するトリップアテンダントでは、「トビタテ留学JAPAN」様に売り上げの一部を毎月寄付させていただいております。

「トビタテ留学JAPAN」は、意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成することを目的としいて、文部科学省が主導する官民協働で将来のグローバル人材育成するために留学生を増やす取り組みです。

弊社が海外留学をなぜ支援するのかについては、トリップアテンダントの想いをご覧いただければと思います。

 

お礼状

寄付金受領書

 

 

SDGs.5・8 ジェンダー平等を実現しよう、働きがいも経済成長も

日本政府が発表した「SDGsアクションプラン2020」には、2019年版と同様に以下の3本の柱が掲げられています。

  1. SDGsと連動する 「Society 5.0」の推進
  2. SDGsを原動力とした地方創生、強靱かつ環境に優しい魅力的なまちづくり
  3. SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

参照元:SDGsアクションプラン2020

その中の3つ目が、『SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント』というものです。

具体的な取り組みとして、女性の活躍推進はもちろんのこと、女性活躍情報の「見える化」の徹底・活用の促進、ワークライフバランスの推進等があげられています。

弊社の従業員は、代表を除くとすべて女性です。

女性の活躍の後押しや、お子さんがいても働けるようにするなどのワークライフバランスの推進をしていくこと。1人でも多くの女性が活躍できる会社にしていくことが、社会貢献につながると考えています。

そこで弊社では、以下のような取り組みをしております。

  • 産前産後に任意で、休暇を取ることができるようにする。
  • 出産や子育てを理由に退職した従業員を、再雇用する制度を導入する。
  • 在宅ワーク希望者には、在宅勤務(テレワーク)を推進する。
  • お子様が体調が悪い時やお祝い事、幼稚園・保育園などでの行事の時などは、プライベートの時間を大切にしてもらい、ワークライフバランス大切にする。

 

SDGs.13・15 気候変動への対策、緑の豊かさも守ろう

気候変動は、あらゆる大陸のあらゆる国に影響を与えています。

海面は上昇し、異常気象はますます激しくなり、温室効果ガスの排出量は現在、史上最高水準に達しています。

もし対策を取らなければ、世界の平均気温は 21 世紀全体を通じて上昇し続け、今世紀中に3℃上昇する公算が高くなっているそうです。

弊社では、環境省が推進する地球温暖化対策のための「COOL CHOICE( =賢い選択)」に賛同しており、事業活動において、CO2排出量の抑制のために以下の方針を遵守します。

  • エアコンの設定温度を夏は27度・冬は20度に設定
  • 服装を自由に決めることができるようにして、クールビズ・ウォームビズの実施
  • テレワークを推進して、自動車の排気ガスを削減
  • PCから30分以上離れる際は、PCの電源をきる
  • 同じく小まめに部屋の消灯をする
  • できるだけ髪を使わないようにして、データをクラウド管理
  • また請求書等のぺーパレス化の推進